ウォーターサーバーのお湯80度でカップラーメンを作ってみた 猫舌にはベスト!

カップ麺

今回カップ麺の検証に使うウォーターサーバーは人気のエブリフレシャスです。このサーバーのお湯で実際にカップラーメンを作りました。

巷の情報ではカップラーメンを作るときの温度は100℃といわれています。例えば80℃~90℃のお湯でカップ麺を作った場合、芯が残ったり味が落ちると言われていますよね。

そういった巷の情報はどこまでが真実なのか実際に検証しました。

エブリィプレシャスのお湯の温度は85℃~90℃。つまり、理論上ではきちんとしたカップ麺が作れないはずです。作れないこともないけど物足りなさを感じるはずです。

それではさっそく!

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺を作った結果…

カップラーメン

ウォーターサーバーのお湯の温度は80度でした。この温度でカップ麺を作ると、理論上では芯が残って味が落ちるはずです。しかし、実際は芯も残ってないし味も、電気ケトルのお湯で作ったときと同じでした。

80℃のお湯でも問題なくカップ麺が作れました。ちなみに、猫舌にはいい感じの熱さです。

100均のチキンラーメン

手間なく簡単に作れました。芯も残ってないし味も落ちていません。美味しかったです。

きつねうどん

こちらも問題なく作れました。むしろ猫舌にはちょうどいい熱さです。

やきそば

ウォーターサーバーのお湯の温度は82度でした。動画の通り、やきそばはきちんと作れました。芯も残っていません。

今回の検証結果まとめ

  • カップ麺は80度で作れる
  • 80度のお湯でも芯は残らなった
  • 80度のお湯で作っても味が落ちなかった
  • 猫舌には食べやすい熱さ

ウォーターサーバーのお湯(80℃)でカップ麺が作れることがわかりました。ということは、お湯の温度が85℃・90℃・95℃の場合であってもカップ麺は作れると言えます。

※麺が太いカップ麺の場合、もしかしたら芯が残るかもしれません。お湯の温度によって味が落ちるというのは正直よくわかりません。

今回使ったウォーターサーバー

ウォーターサーバー カップ麺

人気のエブリフレシャス。カップ麺が作れて便利なウォーターサーバーです。

every frecious(エブリィフレシャス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。